隣人のひとり言

quasiworld.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 22日

2/22 撮影、お台場、かけがえのない

a0025567_21155938.jpg

今日は2月22日。

この日にちを聞いて
「おっ、そうか今日はドリューバリモアの誕生日かあ」
とすぐ気がついた人はかなりの映画通☆


って、そんな人いないか・・・
僕もたまたま覚えてただけなので、
別にドリューバリモアファンでもないし・・


ま、そんな話はいいんですよ。

さて、今日は撮影に行ってきました!!

天気も快晴で、平日ですいてるし、
お台場まで足を伸ばしてみました☆

流石お台場周辺には修学旅行生と思わしき人々をはじめ、
沢山の観光客がいました。

修学旅行にお台場きて、フジテレビみて、
うさんくさい自由の女神みて、作られた砂浜でじゃれて、
いったいどんな想い出を作るというんだ??


うーん、そう言ってみたものの、
僕自身修学旅行には大した想い出がないな〜
規律やら建前やら見栄や照れのせいで
当時付き合ってた彼女と一緒に時間を過ごせなかったという
悲しい想い出しかない。
うーむ、場所はどこでも関係ないか・・・


ま、そんな話も別にいいんですよ。

そう『かけがえのない』って改めて考えてみたらどういう意味なんだろ?
って思って広辞苑をひいてみました。
「貴重な」とかいう意味かなあって思ってたら、
「かわりのない」って意味なんですね。

『掛替えのない』ーー
そんなもの考えみたら山ほどあるな、って思った。

掛替えのある、ものの方が少ないですよね?

友達も家も過去も才能も困難も明日も痛みも優しさも幸せも恋も
全部全部、掛替えのないものばかりじゃないですか。

そんなこと今更意識しました。
そこにずっとあったのに、
ずっとずっと触れてたのに、
いまの今更、脳に到達しました。


誰の替わりでもない僕たちが、私たちが、
何の替わりでもないこの毎日を
どうやって生きたって
それはやっぱり掛替えのない人生だから

なんだ 
気がつけば
僕らの人生は初めから特別だったんだ


特別、だったんですよ。



***********************************

 『ケツァールと赤い実 〜yummy's venture〜』

2005.3.4 (Fri)

OPEN/ START 17:45/ 18:30

PLACE: TaU KITCHEN
TICKET: adv/¥1700 door/¥2100

BAND: RHYMESCIENTIST
ILLMATIC HEADLOCK
好色人種
Def Tech
PHANKY OKSTRA

DJ: GARLIC

PHOTO: KIRA


(内容に変更がある可能性もございます)
********************************
[PR]

by quasi-world | 2005-02-22 21:40 | 写真+詩


<< 2/23 vanilla sk...      2/20 心理テストだよと。 >>