隣人のひとり言

quasiworld.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 27日

変なものがなくなる

a0025567_23432911.jpg


「あれ、そういえばあれどこやったっけ?」

と、ある日突然必要になったある物。


そんなにしょっちゅう使うものではないから、
手の届く範囲にない。

で、「確かここにしまったはず・・」
と思う場所にもない。


そうなるともう大変。


狭いはずの部屋が妙に広く感じ。
棚や机の下まで探しまくる。


でも 見つからない。


こつ然と消えてしまったとしか思えない。



そういう経験ってありませんか??



僕の場合、今回のそれは

プリンターでCDに印刷するために使う専用のトレー

です。


ないんですよ、どこをどう探しても・・

一年に数回しか使わないんで、
まったく気がつきませんでしたが、
先日散々部屋をひっかきまわして探したんですが、
どこからも出てこない・・・


why??




捨てるわけはないから、
きっと誰かが忍び込んでこっそりそれだけ盗んだんですよ。



そんなことする人なんていない、そう思うでしょ?


でもね、僕の友達の女の子は、
一人暮らししてた時、
家に帰ってくると、
必ず閉めて家を出たはずの洗濯機のふたが
いつも開いてるんですって(>_<)

一度や二度じゃないですよ、何度も何度も。


他に盗まれたりしたものはないらしい。


ただ、洗濯機のふただけが、
静かに開いてこちらを見てる・・・・



そういう地味なやつが一番怖いっすよね・・




話は変わりますが、
最近また沢山本を読みたい欲求が強くなりまして、

本を手放せません。

今日も買いました、

東野圭吾 『赤い指』

それにしても東野圭吾は絶対におもしろいタイトルを
つけないですよね〜。
タイトルじゃなく中身で勝負、って言ってる気がして
とっても心地よいっすね〜。
見かけ倒しの小説、いっぱいありますからねぇ・・


ちなみに今流行ってる『ブレイブストーリー』、
文庫で買ったんですが、

「フリが長ぇよ!!」

とムカついたので、
投げ捨てて部屋の隅にころがってますw

だって160ページくらい読んでも全然物語りが
進まないんですよ?ふざけてるでしょ?


ま、そんな感じの毎日です。

a0025567_2343515.jpg


ps.写真は、先日の読売新聞に載った『エンキョリレンアイ』の
広告です☆☆まじででっかく載っててちょっとびっくりでした♪


KIRA
[PR]

by quasi-world | 2006-07-27 23:44 | 日記みたいな


<< ケツァールと赤い実〜撮影fea...      火の鳥vol.3 >>