隣人のひとり言

quasiworld.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 10日

近代の切り株


そういえば、小さい頃、


山で迷子になり、方角が分からなくなったら切り株をみろ


と誰かに教えられた気がする。

年輪の幅が大きい方が 南 だと。



そんなことよりも
山の中で、方位磁石も持たず
独り迷子になってしまわない方法を教えてくれればいいのに


それを学んだ記憶は残念ながら ない




先日、うちの近所をプラプラ歩いてていて、
最近この辺りにも増えつつある背の高いマンションなんかを
ぼんやりと見上げながら、ふっと近代の切り株をみつけた



都会で迷子になり方角がわからなくなったらスカパーアンテナをみろ(笑)



衛生からの電波受信の関係で、
スカパーのアンテナってのは必ず南南西を向いてるらしいからw


切り株の大雑把な「南!」や「北!」よりも、
ものすごくピンポイントで正確に

『ええ、南南西ですけど何か?』

と言ってるわけだから、これほど明瞭なものはない。


ま、都会で迷子になったところで、
方角というものがどの程度役に立つかと言われれば皆無に等しいですがw


片手に収まる携帯という名のナビもあるし、
歩いてる人に道を尋ねるという手もある



そう考えると、現代の人は、
極端にサパイバル能力が減ってるんだな〜と思う


誰かや何かに頼ると 経験値があがらない

そう思いませんか?




僕よく思うんですよ

人って技術はものすごく色んな分野で進化してるのに
生物学的には何ひとつ進化してないんですよねぇ

進化の止まった生物だな、って。



ダーウィンの例によれば
鳥だって住む環境が違えば、くちばしの形が変わる

勿論それは「変化」ではなく「進化」という意味の『変わる』なので
一匹の鳥が数年後に変わるという意味ではなくて
種族という大きな見方をした場合の「変化」だ。


これの根底にあるのは、サバイバルだ


生き残れるもののみが生き残り、
それが子孫を残すから、その環境にあった形態が生き続ける


この『進化』と呼ばれる自然界の流れが
人間に適応しない大きな原因が

『平等』という概念があるから、だと思う。


みんな一緒がいい、助け合って、支え合って、
みんなで乗り越える、そんな平等な社会を・・・・



進化を放棄した人間には 

繕うことで作る平和が似合ってる




***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_23335860.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-03-10 20:25 | 日記みたいな


<< 3月9日      possibilities >>