隣人のひとり言

quasiworld.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 26日

片眼の猿

a0025567_1046184.jpg


先日、『片眼の猿 one eyed monkeys』という小説を
読み終わりました。

今流行の道尾秀介さんの作品です。


僕はこの人の作品を一度も読んでなくて、
ただ名前だけは知っている状態で、


「よし、じゃあこの『片眼の猿』を読んで
おもしろかったら、今後もこの人の作品を読んで行こう!」



と決めて読んでみたんです。




結果は・・・・





イマイチ・・・でした。(;_;)




決してつまらなくはないんですが、
僕はどうも台詞まわしが好きになれなかった。


なんかね、台詞が幼稚な感じがするというか
自然じゃないんですよね。

ある説明をさせるために
無理矢理会話が始まってる感じで、
こういう言い回しって、絶対現実じゃありえない、
そう思っちゃう。


かと言って極端に非現実的でもなくて
どっちつかずで割り切って読めない。そんな感じがしました。




確かにね、トリックそのものはおもしろかったですよ☆

本の帯にも


『まず断言してしまいます。
どれだけ眉に唾を付けて読んでいただいても、
著者の企みを100%見抜くのは不可能でしょう。
どうぞ目一杯期待して読んでください。
そして驚いてください。』



と書いてあったように、
確かにこれは見抜くことはできないなぁ、と思います。

そこはちょっと感心♪(^_^)v

それを楽しむためだけでも
確かに読む価値はあるかも知れませんが・・・


どうなんでしょうか?



小説って、やっぱり登場人物が素直に心に入ってこないと
どうしても一歩離れた場所から読んじゃうんで、
どれだけ物語に入り込めるか、
そこが一番大事だと思います☆


最近おもしろい本に飢えているKIRAっちでしたw



にほんブログ村 写真ブログへ


***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_23335860.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-06-26 11:03 |


<< キミヘ      FREEASY BEATS L... >>