隣人のひとり言

quasiworld.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 14日

可能性の山


いつか誰かが みつけてくれる

そう期待して 動かず耐えた山中


気づけば若者は

吹雪の中 山頂を目指していた


その背中を見ながら

『今更俺に何ができる』と

自嘲気味に笑い

洞窟に戻り 一人使(シ)を待つ



才を信じ 

信じさせることを怠った

他力本願の男の一生






にほんブログ村 写真ブログへ
ランキング参加中↑クリックしてください☆


***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_23335860.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-07-14 20:17 |


<< you are what yo...      新宿南口の紀伊国屋 >>