隣人のひとり言

quasiworld.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:博士とハドソン( 5 )


2005年 07月 04日

7/4 Musical Baton


「博士〜、博士〜、ついに来ましたよ!」

「おお、なんじゃガブリエル君、どうしたんじゃ?」

「・・わざと・・ですよね?わざと名前間違ってますよね?」

「は?ガブリエル君じゃなかったかの? ガンブリエル君じゃったか?」

「いやいや、そういう微妙な違いじゃなくてぇ〜、ハドソンですよ、ハドソン」

「おお、そうか、ハドソンリバーか」

「リバーはいらないっすねー」

「いやぁ、あまりに久々な登場なんで忘れてしまったわい」

「久々?何をおっしゃってるんですか? 先週も会ったじゃないですか」

「・・う、うむ、まあ、この世界ではな・・・いや、そんな事はどうでもよい。で、なんじゃ?」

「あ、そうだ、ついに来たんですよ、今ネットで回ってるMusical Batonが!」

「ああ、そんなもんじゃったらわしの所にも来とるよ」

「ええ! そうなんですか? じゃあ、早速答えていきましょうよ」

「そうじゃな、え〜、まずはなんじゃ?」

「第一問、『コンピュータに保存されている音楽ファイルの容量は?』です」

「知らん」

「いやいや、知らんじゃなくて、調べてくださいよぉー!」

「なんじゃ面倒じゃのぉ・・・ピポパポビッ・・あ〜もしもしぃ〜?」

「だ、誰に電話してんですか?」

「ああ、なるほど、うんうん、そっちか。negative threeのcubeね」

「なな、何の話だろう・・・」

「OK, wakatta, love you~ ピっ。 3.95Gじゃ、ハドソンくん」

「えー、今の会話の何処にそんな話が??」

「まあ、よいじゃないか、次の質問はなんじゃ?」

「あ、はい、え〜、『今かかっている音楽は?』です」

「何もかかっとらんぞ。キミの耳は節穴か?」

「耳が節穴ってのは初めて聞く表現ですけど、まあ、意味は分かりますけど」

「何もかけとらんじゃろ? 間違っておらんぞ」

「いやいや、それじゃあ答えにならないですよー。何か言ってくださいよぉ」

「なんじゃ八百長しろとゆうのか!見損なったぞタングステン君!」

「怒りにまかせて名前間違えないでくださいよぉ〜。ハドソンです。じゃあ、二問目の答えは『何もかけてない』でいいんですね?」

「それじゃあ、おもしろくないじゃろう、ハドソン君」

「・・・ぷちっ(ーwー’)あんたがそう言うたんじゃろぉーがぁぁぁ!!」

「は、ハドソン君、顔がこわ〜くなっておるぞ・・・」

「はっ、すいません!私としたことが」

「では、音楽をかけてみよう、これじゃ!!ピ!」

a0025567_1152642.jpg
「ラインニングハイ」 from <四次元> by Mr.Children

とてもポップな感じの曲調なのに、歌詞が深く深〜いところが好き☆





「なるほど、いい曲ですね〜。では次の質問。『最後に買ったCD は?』

「うむ、最後に買ったのはこのMr.Childrenなんじゃが、それじゃあツマラナイからのぉ、その前に買ったやつはこれじゃ!」


a0025567_1194674.jpg
君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命 / 銀杏BOYZ

映画「アイデン&ティティ」を見て以来、すっかりGOING STEADY、銀杏BOYZが好きになりました。心にくる、歌詞が好き☆





「おお、博士、結構激しいの聞くんですね〜。では次の質問『よく聞く、または特別な思い入れのある5曲』

「ふーむ、難しいのぉ・・・。じゃが、こんな感じじゃな」

a0025567_11204937.jpg
1. 「手紙」 by Mr.Children
昔を忘れないための歌。今を見失わないための歌。

2. 「名もなき詩」 by Mr.Children
これからのために、自分に必要な歌。現実は痛くもあり、その痛みを知ってこその幸せもあると思い知らされる素晴らしい詩。


a0025567_11335721.jpg

3.「もしも君が泣くならば」 by GOING STEADY

誰かと一緒に泣きたい、死にたい、そして生きたい、そう思う心を忘れない曲



a0025567_11445376.jpg


4. 「レム」 by BUMP OF CHICKEN

甘ったれた自分がふらふらと空を飛んでゆくのを、しっかりと厳しく上から叩き落としてくれる歌。必要、逃げない、言い訳しない、その意識が必要。
「それ流行ってるわけ、孤独主義? 甘ったれの間で大ブレイク」ってとこが特に痛い




a0025567_11531815.jpg
5.「Don't think twice, it's all right」 by Bob Dylan

単純に、凹んだりした時に聞くと、素直に「そうだよね、Dylanがそう言うならそうなんだよね」と泣きながらも元気になれる曲。究極の癒しだと思う。




「と、まあこんな感じじゃのぉ〜」

「なるほど、流石博士、素晴らしい回答でした!」

「質問はそれで終わりかのぉ?」

「はい、あとはこの同じ質問をさらに5人の友達にまわせばOKです」

「確か君のところにもこのバトンがまわってきたって言っておったのぉ」

「はい」

「大丈夫か?」

「なにがですか?」

「君、わし以外に友達おらんじゃろ?」

「・・・・・」

「5人にまわせんじゃろ?」

「・・・・・・・・・・」

「ハドソンくん、安心したまえ、一緒に歌おうじゃないか」

「は、博士ぇぇぇ〜〜!え〜〜〜ん!」

「もしも〜き〜み〜が泣くならば〜ぼぉくも泣〜く〜」

「えーーん、博士ぇぇ! と、友達欲しいっす!!」



緊急告知!!
ハドソン君の友達になってくれる方募集!!
ご希望の方は、www.Be_My_Friend.comまで☆(嘘)


最後になりましたが、僕にバトンをまわしてくださった
AXIVISさんそして07さん、ありがとうございました。
[PR]

by quasi-world | 2005-07-04 11:37 | 博士とハドソン
2004年 10月 07日

10/7 薬の味わい


「博士ぇー、お久しぶりでっす!」

「おおっ、ジャスミンくん、元気だったかい?」

「・・・ハドソンですよ。久々すぎてかすりもしてないですね」

「ハドソンくんじゃった、そうじゃったそうじゃった。で、今日はどうしたんじゃ?」

「またまた質問をいただいたんですよぉー。え〜、匿名希望の10才の男の子です」

「ふむ、それにしても何故ここに質問してくる人たちは子供ばかりなのじゃ?今の大人は探求心や好奇心が足りないんじゃないか。けしからん!」

「いえ、わたしに怒られても・・・」

「ハドソンくん、君は世の中のいろんなものに対して疑問を持つようにしとるのか?」

「はあ、まあ、それなりにはしてるつもりですが・・・」

「つもりじゃ足りんぞぉ−!」

「は、はいっ。あ、今日の質問はわたしも長年疑問に思っていた事のひとつです」

「うむ、ではかかってきなさい」

「はい、えーっと、ずばり何故薬は苦いのですか?という質問です。では博士、いつものように、ずずずばりとお答えをお願いします」

「うむ、今日は特別、答えではなくヒントをあげよう」

「いえ、答えでいいです」

「いいや、たまには自分で答えを導きだしてみたまえ、ハドソンくん」

「はあ・・・」

「よいか、ヒントはじゃなあ、周富徳の料理もモンゴル人にとっては糞ほどまずい。と、いう事じゃ。わかるかのぉ?」

「さっぱりです。では、答えを」

「こりゃハドソン。探求心はどこへ行った?諦めるのが早過ぎるぞ」

「ううん、周富徳の料理がまずい。つまり、モンゴルの人たちの口に合わなかったという事ですよね」

「その通りじゃ。では、どうして口に合わないのかのぉ?」

「それは、食べ慣れてないからじゃないですか?中華料理なんて、モンゴルの人々が食べているとは思えませんし」

「そう、まさにその通りじゃ!人間には好みと慣れという二つの要素があり、それらが我々が感じる味を左右しておるのじゃ。ということは、つまりぃ〜・・・」

「あ、そうか!薬は慣れていない味だからまずく感じるという事ですね?」

「うむ、それだと50点くらいじゃのぉ。では、何故食べ慣れていないものが薬になるのじゃ?」

「え、あ、う〜ん、そういわれれば・・・。なんででしょうかね?」

「元来、人間というのは生き残れるようにできているのじゃよ。この世に存在する全ての食の要素を満遍なくとっていれば、病気になどきっとならなかったのじゃ。それが昨今の偏った食生活、リズムの乱れなど、人間起因の習慣でバランスが崩れてきた」

「確かに。わたしも忙しいばっかりにいつもマクドナルドのコンボセットにお世話になっております」

「うむ。そういったバランスのずれから、口にする食材と口にしない食材がはっきりとしてきたのじゃよ。言い換えると、口にする栄養素と口にしない栄養素、という事じゃ。結果、栄養素不足で病気になる場合、普段摂取していない栄養素を与える必要がある。普段摂取していない栄養素、つまり食材は、我々は『まずい』と感じるから、必然的に薬と呼ばれるものは、どうしても味が『まずく』なってしまうのじゃ」

「な、なあ〜るほどぉ。普段手にできない食にこそ不足してる栄養素が隠れていて、それを普段食べないからこそ病気になり、食べると慣れてないためにまずいと感じてしまう、そういう事ですね?」

「その通りじゃあ。勉強になったかのぉ?」

「はい。そして、この仮説にはいつものように根拠は?」

「まったくない」

「それでも?」

「自信だけはあるぞい。それが博士流じゃ」

「すっばらしいです!一生ついていきます。たぶんもうそう長くはない一生でしょうが」

「お・・おいっ!!」
[PR]

by quasi-world | 2004-10-07 19:42 | 博士とハドソン
2004年 08月 17日

8/17 宇宙人の存在について②


「・・・博士、博士。何か忘れてはいませんか?」

「ハドソンくん、残念ながらキミの分のコロッケはないぞ」

「むっ、それもムカツキますけど、そーじゃなくて、質問の答えですよ、答え。ゆうき君からの質問で、宇宙人はいるのかどうかですよ!さ、いつものように、ズバッと答えをお願いします」

「うむ、ずばり答えは『おる』じゃ」

「流石は博士。では宇宙人はどこにいるのでしょうか?やはり火星でしょうか?」

「何故そう思うのかね?」

「何故って、よく火星人という言葉を耳にしますから。水星人や木星人とはあまり言わない気がしますので」

「ほほほ、なるほど。じゃが人類の科学技術は火星まで到着しておるじゃないか。そのくせ未だにそこに生命の存在は確認しておらん」

「う〜ん、言われてみれば博士のおっしゃる通りです。確かそのうち人類は火星に移り住むというあの巨大なプロジェクトですよね?なんと言いましたっけ、パラ?トラ?アラ・・なんとか・・」

「ハドソンくん、小説ばかり読まずにたまにはためになる本も読めと言っておるじゃろう。テラフォーミングじゃよ、テラ・フォーミング。いわゆる『惑星地球化計画』と呼ばれるものじゃ」

「ああ、そうでした、流石は博士。うん?となると、宇宙人というのは火星人でなくて、何人なのですか?」

「ほほほっ、知りたいか?」

「はい、是非!!」

「キミじゃよ」

「・・・・はぇ??」

「キミが火星人じゃ」

「・・ま、まさか、何を言ってるんですか博士?コロッケの食べ過ぎで頭がおかしくなりましたか?わたくしは人間ですよ、生まれも育ちも杉並区です」

「おおっ、ここの舞台設定は杉並じゃったのか!?ハドソンというからてっきり外国だと思っておったわい!」

「は、博士?何をわけの分からない事を言っておられるのですか?舞台設定とかなんとか・・。しっかりしてくださいよ」

「おう、すまんすまん。ちょっと今無理矢理現実を直視させられた気分じゃ・・・。ふぅーー。と、とにかくそういう事じゃ」

「はい、わかりました。じゃあ、また来週ーーー!!・・っていくわけないでしょうが!ちゃんと説明をしてくださいよ、説明を。わたくしが宇宙人って何ですか!?」

「じゃから、人類はいずれ火星に移り住む。その時人類の風貌がどういう風になるか知っておるか?重力などの様々な環境の違いにより、手足は細くなり、あごはシャープで、脳は膨らみ、目はアーモンド形になるそうじゃよ。そういう風貌の生物といえば何じゃ?」

「か、火星人・・ですね・・。一般的に言う」

「その通りじゃ。じゃからワシはキミが火星人じゃと言ったのじゃ」

「いえ、しかし、それじゃあおかしいじゃないですか。世界各地であげられているUFOや宇宙人の目撃証言はどうなのですか?今現在の火星には人類はおろか、どんな生命体も存在してないはずじゃないですか!・・・・あ、わかりました、つまり今目撃されているのは火星以外の星から来ている宇宙人という事ですね?」

「いや、それは違う。火星以外の星の環境で生きる生命体はああいった風貌にはならんよ」

「そんなの分からないじゃないですかあ、火星によく似た環境の星が遠い遠いどこかにあるかも知れないじゃないですかあ」

「例えあったとしてもダメなのじゃよ、決定的な要素が足りない」

「なんですかそれは?」

「人類じゃよ。あの風貌は我々人類が火星に住み、子孫を育て、進化していった時に現れる形なのじゃよ。火星で犬を育てても、チンパンジーやゴリラを育てても、やはりああはならないのじゃ。人類でなければいかんのじゃよ」

「はい??もう訳が分からなくなってきました。今の火星には誰もいない、でも火星人は目撃されている、でその火星人は人類の未来の姿・・・・?いないのにいる・・。・・・あ、もしかして・・・」

「そうじゃ、分かったようじゃの」

「いえ、まったく。チンプンカンプンです」

「・・・・あっそ」

「教えてください、博士!」

「うむ、つまり奴らは未来から来とるのじゃよ」

「は、未来・・ですか?」

「そうじゃ、あれは未来の人類が地球を訪れておるだけなのじゃよ。いわば観光じゃ。それを我々が勝手に恐れたり、たまげたりしておるだけじゃ」

「宇宙人が地球を侵略するという噂は?」

「ほほほ、ハドソンくん、宇宙人の目撃証言は江戸時代からあるのじゃよ。侵略に何百年もかける必要がどこにある?今の時点で侵略されてなければ、今後も一生ありはせんよ。それに宇宙人やUFOを目撃したという証言は多々あるが、宇宙人に殴られたとか蹴られたとかいう話を聞いたことがあるか?」

「ああ、そういえばないですねぇ・・・。あ、でも誘拐はあるじゃないですか」

「誘拐と言っても別に身代金を要求されたわけじゃなかろう。ちょっと捕まえてじっくり会って、また返しただけじゃろうが」

「でもなんでそんな事をするのですかねえ?」

「会いたいんじゃろ、自分の親にのぉ」

「親、ですか?」

「そうじゃ、と言ってもずっとずっと昔の祖先じゃがの、彼奴らにとってはの」

「つまりわたくし達が、祖先だと?」

「そういう事じゃ。やつらにとっては軽い里帰りのつもりかも知れんのぉ。何千年という時を超えて、まだ美しい地球を見にきとるんじゃ。恐らく彼らの時代には、もう地球は存在しておらんじゃろうからのぉ」

「あ、そうか、UFOは時空を飛ぶ乗り物なわけですね」

「恐らくそうじゃ。そして時々何人かが操縦を失敗して落ちてくる事もあるし、好奇心を押さえきれずに地上を踏みにくる宇宙人もおるわけじゃ」

「そういう宇宙人が我々にたまたま目撃された、という訳ですか。でもどうしてコソコソと来るのですかねえ?もっと友好的に堂々とくればいいじゃないですか」

「それは無理じゃよ、ワトソンくん」

「ハドソンです。・・久々に間違えましたね」

「ハドソンくん。彼らもきっと本当は友好的に地上に降り立ちたいのじゃと思うぞ、じゃが、そんな事をしたら歴史が変わってしまう。彼らはこの時代にいるべき存在ではないのじゃから」

「ああ、そうですね。本当は彼らは自分の遠い遠い祖先の、おじいちゃんやおばあちゃんに会いたいでしょうね、話たいでしょうね。あ、なんか泣けてきました・・・」

「うむうむ、いい話じゃろ。ちなみにこの話にも根拠はないぞ。根拠0%じゃ。Pure Zero」

「あ?」

「あ?って、ハドソンくん。眉間に皺がよっておるぞ・・。こわーい顔になっておるぞっ」

「はっ・・わたくしとしたことが。失礼いたしました。で、でも根拠がないって、じゃあなんで博士はそういう風に信じておるのですか?」

「それはハドソンくん、そう信じた方が夢があるからじゃよ。宇宙人を奇々怪々な眼で見るよりは、自分の遠い子孫かも知れんと思って見た方がいいじゃろうが?」

「そうですね、彼らもただ先祖に会いたいだけですもんね」

「その通りじゃ。子供というのはいつでも親に会いたいもんなんじゃよ。ハドソンくんも本当の親に会いたいじゃろうが?」

「は?・・・わたくしは親と同居しておりますが?」

「いやいや、そっちの親ではなく、産みの親の方じゃよ」

「は???産みの親って、それどういう意味ですか!?」

「・・・・・あ、ひょっとして、まだ・・・・・」

「ま、まだとはどういう意味ですか??わたくしの親は本当の親ではないのですか!?」

「そういえば最近通信教育で忍法を習い始めたのじゃよ」

「なに関係ない話してごまかそうとしてるんですかー!博士!!教えてくださいよ!!」

「さらばじゃ!! ドロン!!!」


「・・・・・・・・・。き、消えた・・・?・・・ホントに消えた」



突如浮上した偽親疑惑に困惑、混乱するハドソンはそれでも頭の片隅で『通信教育ってすげーなー』と思わずにはいられないのであった。

*****************************************

ハドソンくんに応援のお便りを!
そして博士に答えてもらいたい素朴な疑問などもどしどし送ってください
このblogにコメントで残すか、HPのBBS、またはメールにてご連絡ください。

HPはこちら

人気blogランキングに登録しました。こちらをクリックして一票を!!
人気blogランキング
[PR]

by quasi-world | 2004-08-17 21:32 | 博士とハドソン
2004年 08月 11日

8/11 宇宙人の存在について


「おはようございます」

「うむ、おはよう、ワト・・・もといハドソンくん」

「・・まだ覚えきれてないのですね、博士・・。だいたいワトソンって誰なんですか?」

「なにおぅ、君はワトソンも知らんのか?」

「シャーロックホームズの友達なら知ってますけどぉ」

「バカ者、あれは小説の世界じゃろうが。ワトソンというのはアレキサンダー・グラハム・ベルの助手の名前じゃ」

「は〜〜、なるほど。で、そのベルというのは誰なのですか、博士」

「・・君はこの世のいったい何処を見ておる。小説ばかり読んでおるから、現実世界にうとくなるのじゃ。ベルといったらベルじゃ、あの電話を発明したベルじゃよい」

「あー、思い出しました。なにかの小説で読んだことがあります」

「うむ。小説という点が多少気になるがまあよいとしよう。ところでワトソンくん」

「ハドソンです」

「・・・ハドソンくん、ベルが電話を使ってしゃべった最初の言葉はなんじゃったと思う?」

「お、ポップクイズですね。うーん、やはり『HELLO?』とかではないでしょうか?」

「ワトソンくん」

「ハドソンですってば!」

「いやいや、『ワトソンくん』というのがベルが電話を通じて最初に発した言葉なんじゃよ。つまりかけた相手は助手のワトソンくんだったわけじゃよ。正確に言うと、Mr.Watson, come here I want you (ワトソンくん、すぐ来てくれ)じゃったのだよ」

「ははぁー、ものすごいまめ知識ですね、流石は博士」

「わしはなあ、ハドソンくん。その言葉が忘れられんくてのぉ・・。今でも思い返すと思わず涙してしまう程じゃ・・・・・グスっ」

「確認ですが、博士は当事者ではないですよね?もうボケが始まりましたか?」

「ばかもん!当事者でなくとも人は涙を流すもんじゃよ。映画を観て、小説を読んで、皆感動し、泣くじゃろうが。他人事でも泣くじゃろうが。それと同じじゃ、わしにとって『ワトソンくん』という台詞にはそれだけの重みがあるのじゃ。人生の重みじゃ」

「なるほど、そんな理由があってわたくしの事をついワトソンと呼んでしまっていたのですね。すいませんでした、そんな事とは知らずに怒ってしまいまして・・」

「いいのじゃよ。わしも悪かった。で、どうだね、これを機に名前を本当にワトソンにしてみては?」

「な、何を言ってるんですか!ハドソンという名は親が付けてくれた大事な名前ですよ、簡単に変えられるわけがないでしょうが!」

「なに堅い事を言っておる。どうせ親もワトソンでもハドソンでもどっちでもよかったに決まっておる。たまたまきみがワトソン顔というよりも、ちょっとハドソンよりだっただけの話じゃ」

「なんですか、ハドソンよりって!!だいたいワトソン顔ってどんな顔なんですか!」

「それはほれ、口ひげが似合う顔じゃよ」

「そんな赤ん坊いませんよ!何を言ってるんですか、まったく。一瞬でも心動かされたわたくしがバカみたいではないですか」

「さ、ウォームアップは終了じゃ。今日の質問はなんじゃ?」

「あ、はいはい。今日もおハガキをいただいております。ありがたい事です。えぇ〜と、目黒区にお住まいのゆうき君、13才の男の子からもらいました。博士、ハドソンくん、こんにちは。今、学校で宇宙人の話をよくします。僕は一度UFOを見た事があるんですが、誰も信じてくれません。博士、宇宙人は本当にいるんですよね、教えてください。と、いうことです」

「なるほど、おもしろい質問じゃが・・・、ハドソンくん。今日はもうおしまいじゃ」

「は?博士何かこの後ご用事でも?」

「う、うむ、まあ、用事といえばそうじゃのぉ」

「あ、授業ですか?学会ですか?もしかして講演会ですかー!?それでしたら是非わたくしもお供いたします」

「おう、そうか。きみも来るか」

「はい、で、どちらへ??」

「うむ。吉祥寺へコロッケを買いにな」

「は?」

「キチジョージ、コロッケ、understand?」

「いや別に片言で言わなくてもいいですよ・・・」

「では、ゆくぞワトソンくん!」

「・・・・ハドソンです。一人で勝手に行ってください!!」


なんとな〜くだが、ベルが最初に電話でワトソンくんを呼んだ時もどうせ大した用事はなかったんだろうなあと思うハドソンであった。

つづく



************************************
ハドソンくんに応援のお便りを!
そして博士に答えてもらいたい素朴な疑問などもどしどし送ってください
このblogにコメントで残すか、HPのBBS、またはメールにてご連絡ください。

HPはこちら

人気blogランキングに登録しました。こちらをクリックして一票を!!
人気blogランキング
[PR]

by quasi-world | 2004-08-11 21:13 | 博士とハドソン
2004年 08月 10日

8/10  博士とハドソン誕生!


「博士ぇぇ、今日もおハガキがきております」

「おお、ワトソンくん」

「ハドソンです。いい加減教え子の名前くらい覚えてくださいよぉ」

「何を堅い事を言っとるのだね。ワトソンでもハドソンでも大して変わらんじゃないか」

「全然違いますよ!ワトソンとハドソンじゃあ、雀荘とシャンソンくらい違いますよ」

「おお、君がシャンソンをこなすとは知らなかったぞ」

「こなしませんよ。モノのたとえですよ、たとえ」

「で、今日はどんな質問かね?」

「あ、はい。21歳匿名希望の男性からいただきました。ずばり男女の友情は成立するのです
か?だそうです。博士、ではいつものようにずばりお答えを」

「ほほほっ、ずばり答えは『成立する』じゃ」

「流石は博士。で、その根拠は?」

「そんな難しいもんはない」

「は?」

「だいたい何故この21歳の男性は男女の友情が成立しないと思ったのかのぉ?」

「それは、わたくしが察するに、男と女というものは、やはり大きく違いますから、惚れたはれたが付きまとい、同性の友情のように動かしがたい強さを持たないんだと思ってるのではないでしょうか?」

「じゃあ、訊くが、ワトソンくん」

「ハドソンです」

「君は女子の友達はおらんのか?」

「え、いや、おりますけども・・。少ないですが」

「だろう?少ないじゃろう?かかかっ」

「むっ、放っておいてください」

「何にしろ、つまりそれは男女の友情じゃ」

「まあ、確かに。わたくしに関して言えばそうですね」

「うむ。つまりこの男性は幸せ者じゃよ」

「幸せ、ですか?」

「考えてもみたまえ。出会う女性、出会う女性が自分に惚れてくるのじゃよ。自分は友達でいいと思うのに、向こうが勝手に恋愛感情持ってしまう。ほほほ、モテモテで幸せではないか」

「でも、逆もありえますよ。実は自分の方が惚れまくってしまうとか」

「それはそれでやはりとても幸せな事じゃよ。人が人に惚れるというのはそう簡単な事じゃないぞ。それはきっと何より貴重な事じゃあ。もしこの男性が惚れる側だとしても、自分が惚れてしまうような女性と沢山出会えるというのは、やはり幸せな事じゃよ」

「つまりまとめるとこういう事ですね。男女間の友情は成立する。で、例えば成立しないと感じてしまっている人たちは、それはそれで幸せな環境にいる、と」

「うむ、そういう事である」

「流石博士、今日も秒殺でしたね」

「問題があまいよ、もっと難しいのを持ってきたまえ、ワトソンくん」

「・・・ハドソンです・・」


******************************************
博士とハドソンに答えてもらいたい質問募集!!!
このblogにコメントで残すか、HPのBBS、またはメールにてご連絡ください。

HPはこちら
[PR]

by quasi-world | 2004-08-10 20:46 | 博士とハドソン