隣人のひとり言

quasiworld.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:心に触れる言葉たち( 21 )


2007年 02月 18日

そうなんだよなぁ〜、そうなんだよ




道徳的現象なるものは存在しない

あるのはただ、

現象の道徳的解釈である


ニーチェ



*******************************

自分らが作り上げてきたもの

信じ込んでいるものを

当たり前だと思い

疑う事をやめてしまったら

そこに革命、もしくは進化すら存在しない


それは 悲しくないですか?




脳が羽ばたけるなら


頭蓋骨すらいらない


時々 そう思います




***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_23335860.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-02-18 22:50 | 心に触れる言葉たち
2005年 06月 10日

6/9 名もなき詩

Mr.Children 『名もなき詩』


ちょっとぐらいの汚れ物ならば
残さずに全部食べてやる
Oh darlin 君は誰
真実を握りしめる


君が僕を疑っているのなら
この喉を切ってくれてやる
Oh darlin 僕はノータリン
大切な物をあげる


苛立つような街並みに立ったって
感情さえもリアルに持てなくなりそうだけど

こんな不調和な生活の中で
たまに情緒不安定になるだろう?
でも darlin 共に悩んだり
生涯を君に捧ぐ


あるがままの心で生きられぬ弱さを
誰かのせいにして過ごしてる
知らぬ間に築いてた自分らしさの檻の中で
もがいているなら
僕だってそうなんだ


どれほど分かり合える同志でも
孤独な夜はやってくるんだよ
Oh darlin このわだかまり
きっと消せはしないだろう


いろんな事を踏み台にしてきたけど
失くしちゃいけない物がやっと見つかった気がする



君の仕草が滑稽なほど
優しい気持ちになれるんだよ
Oh darlin 夢物語
逢う度に聞かせてくれ


愛はきっと奪うでも与えるでもなくて
気が付けばそこにある物
街の風に吹かれて唄いながら
妙なプライドは捨ててしまえばいい
そこからはじまるさ


絶望、失望(Down)
何をくすぶってんだ
愛、自由、希望、夢(勇気)
足元をごらんよきっと転がってるさ


成り行きまかせの恋におち
時には誰かを傷つけたとしても
その度心いためる様な時代じゃない
誰かを想いやりゃあだになり
自分の胸につきささる


だけど
あるがままの心で生きようと願うから
人はまた傷ついてゆく
知らぬ間に築いてた自分らしさの檻の中で
もがいてるなら誰だってそう
僕だってそうなんだ


愛情ってゆう形のないもの
伝えるのはいつも困難だね


だから darlin この「名もなき詩」を
いつまでも君に捧ぐ



**************************************

ブログ二年目突入。

この回に、何を書くか、考えた。

考えて、感じて、
今 一番、なによりも心に染み入る歌を書いた

いろんな意味や意図があって書いてある


現実を冷静に捉えて、
自らを静かに分析して、
それでもそこに希望を見つけられる


そんな世の中だと感じたい

そう感じさせてくれる人の側にいたい

その人にそう感じさせてあげられる人間になりたい


現実を思い知った後は
何かを思い切ってみようか


道は長い
果てはなく 
けれど 
当てはある


だから、
一緒に歩こうか


どんな道も きみと一緒なら 僕は幸せを見つけられるから



2005.6.9 KIRA
[PR]

by quasi-world | 2005-06-10 00:01 | 心に触れる言葉たち
2005年 04月 30日

4/29 心に触れる言葉



『相手が誰にしろ、自分に向けられた言葉に対して何らかの疑念を覚えたら、

なぜそんなことを言われたのかをまずは自分の頭でよくよく吟味して、

それでもどうにも理由が分からなかったときにだけ『どうして』と訊ねてみるべきだよ。


それにしたって、日をおいてとりあえずの自分なりの推論を相手にぶつけて反応を

みることが先決だ。

だけど労を惜しまずにその作業を行えば、大抵のことは聞き返す意味も必要もないことが

分かってくる。


きみももう大人なんだし、この世界はいつまでも学校ってわけじゃないし、

誰にしろきみの教師でも何でもないわけだからね。』






ーーーーーー 「僕の中の壊れていない部分」  白石 一文





・・まさに こんなようなこと 僕も言ってました

大切な人に対して言ってました


きついよね これ。

客観的に見ると、きつい



正しいことだと 今も思ってますよ、この主張は。


ただ、正しいことでも 時として 人を深く傷つける


正しいが故に 深く深く 傷つける





何も言わないことが 幸せにしてあげる事だったのだとしたら

僕はやはり 自分のことしか考えられない ただのわがまま野郎だったのかも知れない







遅過ぎるけど

それが分かっただけでも 今をよしとしようか








・・過去の後悔や自責の念を

自ら少し拭うことができるくらい

今夜は ちょっと良いことがありました☆







「世の中もまだまだ捨てたもんじゃねぇな」

こんな台詞を偉そうに言わせていただけるのだとしたら、



僕は今夜  それを言いたいと思う☆
[PR]

by quasi-world | 2005-04-30 02:08 | 心に触れる言葉たち
2005年 02月 15日

2/15 心に触れる言葉


俺でよけりゃ 必要としてくれ

CALL ME CALL ME

後悔のないようにしとくぜ

キミがよけりゃ 必要としてくれ

CALL ME CALL ME

たまに星が綺麗だってこと

キミに キミに 

CALL ME CALL ME



----------- YOSHI LOVINSON 『CALL ME』


電話が欲しい時ってありますよね
大切な誰かから。

何を話したいってわけじゃなくて、
陳腐な言い方ですが
「声が聴きたい」って時が。


一度、どちらかの手によって降ろされた格子は
二人の手じゃないと再び上がることはないのでしょう
譲り合いでも妥協でも諦めでも大人ぶるわけでもなく
素直に歩み寄ることはできないものでしょうか?

出逢う前に戻ることは無理だし
共に過ごした頃に戻るのも無理

僕等は今を今のままでしか生きれないけど
明日はきっと今までとは違う生き方をしてるはずだよ

不安と希望はありがた迷惑なことにいつもセットだから
毎日を嫌がりながらも
希望だけは捨てられない

そんな日々がきっと一生続く


平均点が50点か55点かの違いくらいのもんかも知れませんね
人生の幸福や不幸っていうのは。




***********************************

 『ケツァールと赤い実 〜yummy's venture〜』

2005.3.4 (Fri)

OPEN/ START 17:45/ 18:30

PLACE: TaU KITCHEN
TICKET: adv/¥1700 door/¥2100

BAND: RHYMESCIENTIST
ILLMATIC HEADLOCK
好色人種
Def Tech
PHANKY OKSTRA

DJ: GARLIC

PHOTO: KIRA


(内容に変更がある可能性もございます)
********************************
[PR]

by quasi-world | 2005-02-15 23:08 | 心に触れる言葉たち
2005年 01月 09日

1/9 心に触れる言葉


 誰と話しても 誰かと過ごしても 寂しさは募るけど

 どこかに自分を必要としてる人がいる

 憂鬱な恋に 胸が痛んで 愛されたいと泣いていたんだろう

 心配ないぜ 時は無情な程に 全てを洗い流してくれる

 
 難しく考えだすと 結局全てが嫌になって

 そっとそっと 逃げ出したくなるけど

 高ければ高い壁の方が 登った時気持ちいいもんな

 まだ限界だなんて認めちゃいないさ





ーーーーー Mr.Children 『終わりなき旅』



関係ないですが、
最後の一文、「限界」のあとに「だ」をつけたのが上手いなあ〜、
って感じたのは僕だけ?
「限界なんて」じゃなくて「限界だなんて」なんて、
上手いなあ〜。
いいなあ〜。



そっ、
限界だなんて、絶対認めないぞ〜〜ぉぉっぉ!!
僕は走ります。
今日から新しいスタートです。

なぜ今日?

それは今日が特別な日だからです。
僕にとって、特別な日ですから。

みなさんにもあるでしょ、
何気ない日が特別に感じて、
でも実はその何気なさそのものが本当は特別だったって気付くこと。

僕もいま、そんな感じです。




今日、心の中で新しいスタートをきります
[PR]

by quasi-world | 2005-01-09 21:51 | 心に触れる言葉たち
2004年 12月 20日

12/20 心に触れる言葉



「とにかく俺が言いたいのは、俺は、考察ばかりしているおまえが嫌いではなかった
ってことだ。安藤の考察に、影響を受けていると言ってもいいし、俺は、おまえのあの
思想が嫌いじゃないんだぜ」

「どの思想?」

「でたらめでもいいから、自分の考えを信じて、対決していけば」

「いけば?」

「そうすりゃ、世界が変わる。お前が言ってたんじゃねえか。
青臭いって、その時の俺たちは馬鹿にしてたけどよ、今から思えば、悪くないな。
世界を変えてやる、くらいの意気込みがなければ、生きてる意味なんてねえよな」



ーーーーー伊坂幸太郎 『魔王』




やっっぱり伊坂幸太郎はいいなあ〜。
言葉に嘘がないっていうか、意味があるっていうか、
いちいち響きます。

それにしても強いなあ、伊坂幸太郎は。
世界としっかり向き合ってて、それでいて自分の考えを維持してる。

すごいなあ。

本当に、すごいなあ
[PR]

by quasi-world | 2004-12-20 23:46 | 心に触れる言葉たち
2004年 12月 17日

12/17 心に触れる言葉


後悔してもええねん

また始めたらええねん

失敗してもええねん

もういっかいやったらええねん

前を向いたらええねん

胸を張ったらええねん

それでええねん

それでええねん


僕はお前がええねん

好きでいれたらええねん

同じ夢を見れたらええねん

そんな素敵な二人がええねん


ーーーーーウルフルズ 『ええねん』

最近、ウルフルズを聞きます。
なんか元気になりますね、ストレートで。
なんにもひねってなくて、
ひねるのもバカらしい、
考えすぎるのもバカらしいって言われてるみたいで。
気持ちのいい歌ばかりです。

早く、こういう歌にいちいち反応しないような心が欲しいです。
いい歌ってのは、幸せな人には響かないですからね。

例えば悩みの相談とか、幸せな人にしたってイマイチ反応悪いでしょ?
ピンと来てないのが眼に見えて分かるっていうか。
逆に悩みがある人には想像以上にすんなり伝わったりする。
でも、悩みがある人は、他人の悩みや痛みが分かっても、
それを解決する余裕がない。
その人自身も悩んでるから、当たり前ですね。

うーん、世の中難しいなあ。
幸せな人が幸せな人と「幸せ」を共有するのは簡単。

で、それにいったいどんな意味が?
[PR]

by quasi-world | 2004-12-17 22:36 | 心に触れる言葉たち
2004年 12月 02日

12/2 心に触れる言葉




 いいことばっかあるわけないよ

 それでこそ my life



ーーーーMr.Children 『my life』



うまいですね、やっぱり。
「それでこそ」ってとこがすごい上手い☆
「人生」と一般的に言わず「my life」と言ってるとこも素直にすげー。

僕も今の自分の人生が
平凡な平坦なものじゃないことに
誰かに感謝すべきなのかも知れない。


American Beautyって映画の中でこんな台詞がありました

Nothing in life is worse than being ordinary.
(平凡な人生ほどツマラナイものはない)

そう、そうでした。
平凡じゃないって事は、
時として誰よりも苦しく
そして時として何よりも幸せな感覚なんでした。

忘れかけてました、そんな大事なこと。

それでこそ my life
これでこそ my life

いつかそう、胸を張って言ってやります
[PR]

by quasi-world | 2004-12-02 14:45 | 心に触れる言葉たち
2004年 11月 21日

11/21 心に触れる言葉


 今までの僕は いつも

 ひとりで生きていると思ってた

 大きな声で叫んでみても

 誰も振り向いてくれないと思ってたんだ

 
 許せないことがあっても

 テレビのニュースに怒っても

 やりきれない心のもやもやも

 全部ひっくるめて力にすればいい



 立ち上がれないほどのダメージを受けても

 自由の羽を誰かに押さえつけられても

 何をやってもダメな今日があっても

 全部ひっくるめて力にすればいい

 そして見た事ない力になればいい



 キミの声が聞きたいから

 キミの笑顔が見たいから

 何もかもを抱きしめたら

 それが僕の力になる

 全てが僕の力になる




ーーーーーーくず 『全てが僕の力になる』



そう、
僕はまたキミの笑顔が見たいんだと思う。
キミの笑った顔が本当に好きだから
僕はまた笑ったキミに会いたいんだと思う

そのために
少しずつだけど、がんばるよ。
[PR]

by quasi-world | 2004-11-21 21:15 | 心に触れる言葉たち
2004年 11月 17日

11/17 心に触れる言葉




 失いかけてた 希望の光が

 ここまで来いと 僕を呼んでいる


 まだ見ぬアシタに 

 まだ見ぬアシタに

 くそったれのアシタに

 何があるのか 僕は知らない



 失いかけてた 希望の光が

 それでも来いと 

 僕を呼んでいる






ーーーーー Going Steady 『アホンダラ行進曲』
[PR]

by quasi-world | 2004-11-17 21:24 | 心に触れる言葉たち