隣人のひとり言

quasiworld.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅( 2 )


2005年 04月 22日

4/21 はじめての海外

今日は朝からバタバタしてました。

朝一で仕事。
写真屋は今日も暇でした

で、昼からは、英語のレッスンでよく利用しているカフェの店員のおねえさんに
英語を教えてた☆

このおねーさん、今度オーストラリアに一ヶ月一人旅をするらしく、

「ちょっと英語教えて!」

と、かけこみ寺のような勢いで頼まれた。


確かに初めて海外に、しかも一人で行くってのは不安ですよねー。

僕が初めてアメリカに行ったのは19歳の夏。

英語なんてさっぱりわからん状態で、それでも

『きっとなんとかなるたい。九州男児ば、いつも堂々たい』

と、自分に言い聞かせながら出陣した。

はじめは良かったですね〜、
生まれて初めて見る沢山の外人を前に、

「あ、あの人ダニーデビートに似てる!!」とか
「あ、あっちの人はイーサンホークみたいだ!!」とか
アホみたいに浮かれてました☆


でも、飛行機にのり、サンフランシスコに降り立ち、税関を前にして、
最初の不幸は降り掛かりました。


入国審査の際、当然パスポートを提示するわけですが、
それと一緒に名前や住所などを書いた紙も場合によっては提出します。

僕は余裕でそれを飛行機の中で書き上げ、
パスポートと共にどう見ても人の2、3人は殺してそうな怖い顔した
黒人のおっさん(税関の人)に見せた。

そうするといきなりおっさんは声をあらげて

why!? why!!??

と叫びちらす。


僕は何が『why』なのか皆目わからず、
まさか税関でこの世になぜ生まれてなぜ生きてるか、なんて哲学的なこと
尋ねてこねーだろう、と思いつつも、
いったいこのおっさんが何を「なぜ??」と思ってるのかわからぬまま、
無理矢理つきつけられた白い紙に再び名前や住所を記入させられた。


その間、僕の横をどんどんと人がパスしていく。
僕はひとりぼっちで、税関のブースの斜め後ろに立たされ、
紙に必要事項を記入。

他の人々は浮かれ気分で、
「やったーパパ、ディスニーランドいこうよぉ!!」と歓喜幸せ愛情たっぷり♡

まさに天国と地獄

もう泣きそうになったさ。

でも泣いたらあかんたい。九州男児は涙はみせんとよ。


結局、数分かけて書き上げた紙を手に再びおっさんの前に進む。


と、今度はあっさりとパス。


・・・は?なにそれ?? 何がいけなかったの、結局?
whyってなんね?
あんた何が聞きたかったと??


どうも腑に落ちないまま、がしかし、いつまでもそこにいる理由もないので
僕はふらふらとその場を後にした。





ま、しばらく後で気がついたのですが、
このおっさん、別に何かの理由を聞きたくてwhy?って言ってたのではなくて、
僕の聞き間違いで本当はwhiteって言ってたのだ。

僕は名前や住所を白い紙に記入すべきところを
誤って水色の紙に記入していたのだった。


はぁぁぁ〜〜〜、なんだよそりゃ・・・
英語の発音って微妙すぎるぞ!!ってかなり憤慨すると同時に、
『white』なんていう簡単な単語すら聞き取れなかった自分が情けなかった。

あああ、僕の義務教育はいずこへ?
六年間の英語の授業はいったい??
吉田teacher(高校時代の英語教師)、あんたは僕に何を教えとったと??



この事件以来、自分に対してものすごく負けず嫌いな僕が
英語を猛勉強したのは言うまでもない。
[PR]

by quasi-world | 2005-04-22 00:17 |
2004年 09月 18日

9/18 NYという街

a0025567_224453.jpg
先日、ある友人がNYに旅行に行った。
そろそろ帰ってきているはずだが、未だ連絡なし。
うむ。
かっちょいい黒人にでも惚れ込んで、不法滞在でも決意したか。
ま、それもよいでしょう。
Nちゃん、帰ってたら連絡くださいな。

さて、僕は過去に一度だけNYに行ったことがある。

あれはまだ二十歳くらいの頃だったと思う。
NYに住んでる友達を他の二人の友達と訪ねて行ったのだ。

当時の事を振り返ると、まず思い出すのが
『太ってたなあ〜』
ということ。

僕は高校時代からずっと体重が変わらなかったのですが、
あの頃はアメリカに住み始めた頃で、
異文化の中での暮らしというストレスと、
殺人的な甘さのお菓子にやられて体重が70kgになっていた。
175cmで70kgっていうと、ま、別に普通っていえば普通ですが、
過去、そして今も64kgという体重を維持してたので、
70kgの大台に乗ったのはちょっとびっくりでした。
NYでの写真を見ると、確かにあごまわりが・・・・(汗)

で、何が言いたいかというと、
まず太ってたという事を思い出すくらい、NYという街に関しては
大した印象が残ってない。

エンパイアステートビルにも登ったさ、
マンハッタンも練り歩いたし、
自由の女神も拝んだ。
でもなんか、予備知識として知って、イメージしてた空間の中を
ただ歩いたような、そんな感じだった。
意外性、というものに欠けてた気がする。

勿論滞在期間が短かったことも原因だとは思うが、
それにしても希薄すぎる。

あ、そうそう、月は遠くから見るから美しいって言うでしょ?
あれって自由の女神にも当てはまることで、
あれを登っちゃいけない!
一応足元からてっぺんのクラウンまで登れるように
なっているのですが、なにせ階段が狭い狭いっ!!
非常階段なみに非常識に狭い。
ぐるぐるぐるぐる回りながら登っていくのですが、
やっとてっぺんに着いたあ!と思ったら、
そこには畳二枚分くらいのスペースに
申し訳程度の小窓があるだけ。

苦労して登ったのに、
『人生そんなに甘くないよ』と言われてるような気がしました。

太ってたこと、自由の女神をFuckin' Statueと名付けたこと。
NYの印象はそんなもんです。

あ、そういえばひとつだけ良いこともありました。
ナタリーポートマンを生で見ました!!
彼女が主演の舞台を見たんですよ、確か『アンネの日記』
あれはよかったなぁ〜。
ナタリー可愛かった★

**********************************************

HPはこちらです
[PR]

by quasi-world | 2004-09-18 22:03 |