隣人のひとり言

quasiworld.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 24日

1/24 いましかできないことが山ほどある

a0025567_2345461.jpg



みんなから

「腐ってるから危ないよ」

と言われた橋を渡って


例えば途中で崩壊しても

僕は渡ろうとした決意を後悔しないだろう







僕は笑っていたい


今も

今からも


ずっとずっと笑っていたい





いましかできないことをやって


笑って 夢みて 



生きていきたいと思います




***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_14495426.jpg
[PR]

by quasi-world | 2006-01-24 23:09 | 写真+詩
2006年 01月 21日

1/21 光の先端

a0025567_22253016.jpg



光の先端って、


どうなってると思います?


あまりにも速いから、

僕らの目には映らないけど


確かに存在してるはず




光の先端、


どうなってるんでしょうか?



かめはめ波みたいになってるんでしょうか










そんな誰も知らないような物事に


今まで見てなかった可能性を重ねてみても


きっと誰も文句は言わない








だから 僕はみたいんです


写真を撮り続けることで



いままで見えていなかった可能性を。









僕は みせてあげたいんです


「死にたい、死にたい」と言ってる人たちに



もっと生きたいと思ってもらえる可能性を。










大げさなことですかね?


大げさなことですよね。






だからきっと 丁度いいんです





***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_14495426.jpg
[PR]

by quasi-world | 2006-01-21 22:30 | 写真+詩
2006年 01月 18日

1/18 人は何故泣くのか

a0025567_1629768.jpg


昔から、泣くのは赤子の仕事だ

そうよく言われる。それくらい赤子は泣く。

わんわん泣く。ちょっとしたことで泣く。すぐ泣く。


何故か?


それは単純に、それしか意思を伝える手段がないからだ。




赤子が泣けば、親はその理由を考え、対処する。


赤子は泣く、伝えたい気持ちをうまく言葉にできないから、泣き叫ぶ。



「助けてくれ」と、泣き叫ぶ。






みなさん、最後に泣いたのはいつですか?

どうして泣いたか覚えています?

どうやって泣き止んだか覚えています?

泣いてる間、何を思って泣いたか、
何を望んで泣いたか、
何を意図して泣いたか、

覚えていますか?




僕はあんまり泣かないんですよ。


あ、誤解のないように言っておきますが、
僕がここで言ってる泣くというのは、悲しくて、悔しくて泣く、涙のこと。

うれし泣きや感動して泣く涙のことではないですよ。




さて、話を戻しまして、

僕はほとんど泣かないです。



大人だから当たり前?

まあ、それもあるでしょうが、よく泣く大人もいますよ。



泣くことが悪いとは思いません。

「泣けばすっきりする」 うん、その意見は正しいとも思う。


泣きたい人は泣けばいいと思う


でもね、覚えておいてもらいたいのは、

それでは何も解決しないってことです。



大人の問題って、頭で考えて解決するもんですよ、
それも自分自身で。


赤子みたいに、困ったら泣いて、
すぐ他人に手をさしのべてもらおうとなんかしちゃいけない。


泣いてもいいから、考えることを諦めないで欲しい







た〜んじゅんに考えてみてくださいよ、

もしもね、もしも〜泣くことで何かが解決するなら、
人類は赤子からの成長期に『泣き止む』という技を身につけなかったと思うんですよ。


本当は子供のころに、無意識下に一度悟ってるはずなんですよ、


『ああぁ、泣いても駄目なものは駄目なんだな』


って。



みんなそのはずなんですよ。
だけど、大人になって、時々その悟りを忘れちゃう。

そして泣いちゃう。

赤子に返っちゃう。



泣いてすっきりするのは痛み止め。


ガンはまだ、そこに根付いているよ。




根っこを取り除くには 頭を使うしかない。


それができるんですよ、僕らには。


僕ら 大人には。



もう赤子じゃないんですから、
きっともっとすっきりする方法をみつけられるんです。
[PR]

by quasi-world | 2006-01-18 14:18 | 哲学
2006年 01月 11日

1/11 火の鳥

a0025567_22384560.jpg


さて、先日quaff主催のライブイベント『火の鳥』
行ってきました☆

かんなり張り切って行って、
がんばってバッシバッシ写真撮るぞ〜って
思ってたんですが・・・・




途中でカメラ 壊れました(:_:)




ゆいこさんの歌が始まって、
quaffのベースのsngくんが
共演しはじめた頃くらいから
急に壊れてシャッターが切れなくなった・・・


「おいおい、sngくん、何してくれてんの〜!」


と八つ当たり。(笑)



ってか、まじでやばいって思って、
歌そっちのけで、あーでもないこーでもないって
カメラの中を見てたんですが、
何せデジタルカメラ。

アナログのやつと違って、
壊れたからって、ちょっといじって直るような
もんでもない。

押しても引いても、どうにもならん(>_<)




もぉ〜、まじでへこみました。

ああぁ、新しいカメラ買わないと・・とか
ああぁ、quaffの写真撮れないじゃんか〜とか
いろいろ考えてたらどんどんへこんできて、
新年早々の不幸を恨みました。


とりあえず、どうしようもないので、
sngくんにカメラを借りて、
続きのライブを撮ることにしました。

彼のカメラはNikonの製品で、僕のはCanon。

同じ一眼レフカメラとはいえ、
扱い方が全然違って、
何がなにやらさっぱり(@_@;)



えぇ??なに??これ、どこが何?
シャッタースピードは??
ISOは??
あ!なんか変な所が光ってる!!(あたふた)


モ〜、古い言い方をすればてんてこ舞いですよ。

ズームとかのレンズの回し方も
Canonとまったく逆で、
普段ズームになる方向に回すと広角になる。

なんでこんな作りにしてんだよぉ〜〜


とりあえずいっぱいシャッター切ったけど
使える写真はほぼないと思います。

ごめんなさい、quaffのみなさん。

次はリベンジです、必ずバシっと決めますんで。



で、一方壊れたカメラはどうなったかというと、
家に帰ってから、

「さ、意地でも自力で修理してやるぞ!」

と意気込んでとりだしたら、
カタン・・という音とともに
あっさり直った・・・・・



え?・・・なにそれ?



ライブ会場では、何をどーやっても直らんかったのに、
なんで?? why??


ふざけんなよぉーーー(>_<)


みなさんも、電化製品は大切に大切に扱いましょう。

そうじゃないと、
いざって時に裏切りますよ、あいつらは・・・。



***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_14495426.jpg
[PR]

by quasi-world | 2006-01-11 22:40 | quaff
2006年 01月 08日

1/8 Do not manipulate me



アートってなんだろう?



考えてみたら、
アートであるための要素のひとつに


『自己主張をする』


というのがあると思う。




自己を主張してないものは


例えば見た目が似ていても


アートとは呼ばない






それにしても

アートという言葉は


使う場所によっては なんとも浅はかに聞こえる



会社 社会 サラリーマン 大人 家族 扶養 現実 切実 建前 常識 教育 しつけ。



こんな言葉たちのどれにも

本当はアートが眠っているはずなのに


当たり前に あるはずなのに


誰もそれを見ようとしないんだから


世の中なんて いつまでたっても変わるわけがない







本当に 腹が立ちます








自分の手でどうにかできない

どうにかすることを許されない人生ってなんですか?


どうにもしようとしない人生ってなんですか??








あなたは ちゃんと


自分の手のひらの上で




自分の人生を 動かしていますか?












・・もう少し 我がままでも いいと思いますよ、自分の人生に対して。
[PR]

by quasi-world | 2006-01-08 23:41 |
2006年 01月 07日

1/7 八度目の角

a0025567_22165.jpg



左手を壁にあてて 歩く

四回右に折れたあと

同じ壁が声もなく迎え入れた



それでも


五度目の角に何かが待っていると

あまい奇跡を期待した弱虫



真っ暗な四角の世界で

僕が頼れるものは何もない


心の目なんかありはしないし

壁を壊す力だってない



六度目の角を右に折れ

七度目の角を右に折れる




左手はもはや壁を感じない

なくなったのは壁じゃなく 手の感覚だと

決めつけて 僕は目を開けれない




だって怖いじゃないか

目を開けた時に 再び暗闇をみつめるのが。




八度目の角を折れた時

僕はどこに辿り着くのだろう





その時僕は

左手を離す勇気に辿り着けるだろうか?



暗闇で目を凝らす勇気に辿り着けるだろうか?





八度目の角


八度目の角はもうすぐだ




曲がると同時に離すんだ

この 左手を 離すんだ



ぼ、僕にだってそれくらいできるんだ


できる はずなんだ




八度目の角 八度目の角・・・




これで終わりにするんだ


僕にだって できるんだ

きっかけ きっかけさえ、 きっかけさえあれば、僕にだって・・・



八度目の角、八度目の角



僕だって 本気になればできるんだ


あいつと同じようにできるんだ




チャンスがなかっただけさ

運が悪かっただけさ




ぼ、僕にだって 僕だって・・・






































あれ?






































八度目の角が 妙に遠い















***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_14495426.jpg
[PR]

by quasi-world | 2006-01-07 22:26 |