隣人のひとり言

quasiworld.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 26日

美しいヒト




惰性で生きることができる世の中ほど

恐ろしいものはない



昔 強く思ってた

『できることをやるんではなく、できないことをできるように生きよう』


それを忘れたとき


ヒトはヒトである意味を失う




僕はそう思う。






時間と空間という「束縛の檻」の中で


それでも自由に舞う人を


僕は素直に美しいと思うから







***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_14495426.jpg
[PR]

by quasi-world | 2006-12-26 23:30 |
2006年 12月 26日

いきてはいけない、と





自由に生きてはいけない、と


誰があなたに言ったのですか?















**************************

生きてはいけない・・・

「生きていくことができない」というのと「生きちゃ駄目だ」という
二つの意味がくみとれます。
日本語っておもしろいね。


ま、どっちにしろ


そんなことは誰も言ってやしないから、
気にしなくていいんだけどね。




メリークリスマス☆






***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_14495426.jpg
[PR]

by quasi-world | 2006-12-26 00:52 |
2006年 12月 20日

沢山寝ることは、現実を生きることとどう違うのか?



はい 最近タイトルに書いたことをよく考えます


例えば、人間が一日12時間寝ないといけなくなったら

そのときそこに 「夢」「現実」の違いに価値の差は生まれるんだろうか?と。


僕らは寝ると夢をみます

「最近夢見ない」なんて台詞を言う人がいますが、
人は寝ていると、ある周期で必ず夢をみています。

ただ覚えていないだけで、必ず見ます。

起きたときに覚えている夢は、その直前まで見ていた夢だけで、
寝始めてすぐ見た夢は忘れてしまうようです。



僕の疑問は、
「夢」でも人が生きてるし、
「夢」でも自分が登場するし、
「夢」でも世界が存在するのに、
どうして夢から覚めた「現実」の方がこんなにも具体的感情をともなうのか、
ということ。



ひとつ 聞きたいのですが?

いま、ここで生きていて、
「現実」の中で僕らは「夢」の話をしますが、
じゃあ逆に、「夢」の中で、
その世界とは違う「現実」の世界があるんだ
と意識したことがある人はどれくらいいますか??



おぼろにしか覚えていない「夢」だから
もしかしたら意識もしてるのかも知れないですが、
その記憶を持って目覚めることはない、と思いませんか??


「夢」の方が、完全に独立、孤立した世界で
それが故に完成された世界なんじゃないか、
そう思えることがあります。

他をよせつけない、ひとつの内なる世界といいますか・・


なんとなく精神的に「自由」な気がするんですよ。


覚えてないだけで、本当は自由な世界な気がするんですよ。


人間が一日にとる睡眠の時間が
もっともっと伸びたとして、
平均16時間寝るとしたら、
きっと「夢」の方で僕らは生きれるんじゃないだろうか?


現実が嫌いなわけじゃないし、
逃げたいと思ったこともないけど、

人間が探し求めている理想郷が
ひょっとしたら壁を一枚隔てて裏っかわの、
そんな身近なところにあって
いつも見ていたのに「よく見ていなかった」なんて言ったら
微笑ましいくらい情けないオチだなぁ〜と、思ったりしたんです☆



死後の世界ってのが
「夢」の世界だったとして
24時間睡眠の現実ということなら
僕らにとっても少しは受け入れやすい。



KIRA

http://www.quasi-world.jp/
a0025567_14495426.jpg
[PR]

by quasi-world | 2006-12-20 10:46 | 哲学
2006年 12月 05日

時々


時々、何かを見て ふっと疑問にとりつかれることがある

疑問というか 違和感かな



先日は、テレビでみた 観光地で写真を撮る夫婦だった


大仏か何かの前で ピース


それをみた時


「あれ? なんで写真って撮るんだっけ?」


と、ただただ素朴にそう思ってしまった


当たり前の風景が
なんだかとっても異質なものに感じちゃったんです
違和感があったんですよねぇ、その光景に

あれって なんだったんだろう??



そういえば解決してなかったなこの問題

忙しい毎日もちょっと一息ついたので
また考えることに明け暮れようかと思います





そういえば先日実家に帰りました

親とも久しぶりにゆっくり話をしたんですが
昔より疲れなかったですね

心の余裕でしょうか?

ただの傲慢でしょうか?


子供とサッカーやってる感じです



親のリードで生きていたのは
いくつぐらいまでだったのでしょうか

長い長い道のりで
あなたは誰の背中を追っていますか?



昔は親だったと思うんですよ

親元を離れて 違う人を手本にして それに続く


どの道も間違いではないけれど、

どの道も迷うことはありうる
そして、戻れないこともまた事実








心に一人持っているといいと思いますよ

問題に面したとき


「あの人だったらどうするだろう?」


と思い、参考にできうる人を。




KIRA
[PR]

by quasi-world | 2006-12-05 00:09 |