隣人のひとり言

quasiworld.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 27日

海を前に我の小ささを知りて。

a0025567_042026.jpg



部屋で考え抜いて

しぼりだした自信の答えも

大洋の前では

言うのをためらう程こっけいである


ーー隣人のキラメキ



**********************************************

よく言うんですよ
「部屋にいて、どんなに頭を使っても
エベレストの頂上からの景色は見えてこない」って。

百聞は一見にしかず、なんて温い意味合いじゃなくて
想像力が豊かである人間であるがゆえ、
陥りやすい過信があると思うんです


なんでもわかる、
そう思うから宇宙の謎にまで興味を持つし、
勿論、そのおかげでの向上も多々あるし、
逆に働くと
超能力や不思議現象など
説明のつかない物事をどうしても信じにくくなるのが人間。


タネがまっったく分からない手品と
超能力との間には
本当は差なんてないんですよ。

同じと言ってもいいと思います。


実際、目の前で同じことを
一人のマジシャンと、一人の超能力者がやったとしたら

マジシャンに対しては
「素晴らしい!!」

超能力者に対しては
「なんかタネあんだろ!!」

そういう反応。あら不思議。
それが人間ってもんですよね



僕は考えるのが好きなので
「考える派」に賛成なのですが
それはあくまで人間レベルでの話。

いくら考えても、自然も勿論超自然も
人間が超えられるわけがないんですよ


分かり得ないこともあると知りつつ
全てのものごとに自分なりの解釈を探求する、
それこそが人生を豊かにするひとつのスパイスだと考える。


久しぶりに帰った実家の大洋を見ながら
海と宇宙の雄大さに
自分の日々の焦燥の歩みが
登りエスカレーターを必死に下ろうとする
地団駄のように思えて笑えた



***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_23335860.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-02-27 00:30 | 隣人のキラメキ
2007年 02月 23日

だからこそ、自分に価値ある人生を歩める

a0025567_2047146.jpg



興味のない物事に

価値を見いだせないのは

人間の大いなる特典である


ーーー隣人のキラメキ


***************************


いろいろをやるよりね
なにかひとつ見つけて
それ ただひたすらやってる方が
きっと充実だよ


人生は一回きり


だからいっぱいやろうとする気持ち わかる

だけどさ
お腹いっぱいなるさ


一度の料理で何種類も作ってもしゃぁないや

一番好きなもんを
時間かけて真剣に作ればいいさ



「真剣味」
それが最高の味付けらしいよ




***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_23335860.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-02-23 20:48 | 隣人のキラメキ
2007年 02月 21日

小手鞠るいさんの小説発売します!

a0025567_172946100.jpg

発表します☆

2007年3月1日

小手鞠るいさんの新しい小説

『サンカクカンケイ』が

全国書店にて発売されます!!!



今回もまたカバー写真を担当させてもらいました!
前回の『エンキョリレンアイ』に続く、
恋愛小説シリーズの第二弾です!!


今作も小手鞠さんの世界感が静かに染み渡る、
とても素敵な恋愛ストーリーになっています。
『エンキョリレンアイ』が好きだった方も、
まだ『エンキョリレンアイ』読んでないという方にも
とってもおすすめです♪



今回の表紙写真の撮影はかなり時間がかかりました。
いろいろ試行錯誤を重ねてたのもありますが、
特に天候に左右されました。

イメージ的に、赤、夕日、でお願いしますと
担当の方に言われ、それを目指して撮影開始したのが
ちょうど梅雨時期・・・・(;_;)
ま、無理ですよね、梅雨に夕日なんて・・

モデルをやってくれたayanoちゃんには
本当に苦労かけました(>_<)
何度も何度も撮影につきあってもらって、
でも文句ひとつ言わず、いつも笑顔で、
もう何度ありがとうと言っても足りません。

本当に、ありがとうです!!

こうして小説が形になって、
3月に書店に並んでるのを見たら、
きっと感動しちゃいますw
お祝いの飲み会でもやろう(笑)


そんなわけで、
いろんな想いのつまっている
『サンカクカンケイ』がもうすぐ発売です!!

皆様、
よろしくお願いします☆


『サンカクカンケイ』
著:小手鞠るい
出版:世界文化社
写真:KIRA
モデル:ayano
価格: 1,575円



***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_23335860.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-02-21 17:30 | 仕事
2007年 02月 18日

そうなんだよなぁ〜、そうなんだよ




道徳的現象なるものは存在しない

あるのはただ、

現象の道徳的解釈である


ニーチェ



*******************************

自分らが作り上げてきたもの

信じ込んでいるものを

当たり前だと思い

疑う事をやめてしまったら

そこに革命、もしくは進化すら存在しない


それは 悲しくないですか?




脳が羽ばたけるなら


頭蓋骨すらいらない


時々 そう思います




***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_23335860.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-02-18 22:50 | 心に触れる言葉たち
2007年 02月 16日

惑星のゴール inspired by 『終末のフール』(伊坂幸太郎)

a0025567_2352450.jpg


「『二月なのに暖かくていいね〜』なんて言ってたらしいよ、
俺らの曾祖父ちゃんたちの時代」

「げっ!なんてのんきな!」

「いや、だってさ、流れ星見て願い事してたってくらいだから」

「なにそれ? なんで流れ星に願い事すんの?意味わかんねぇ」

「珍しかったからでしょ〜、叶うんだってさ、願えば」

「はっ、流れ星が叶えられる願いなんて、せいぜい惑星破壊がいいとこだろ?」

「確かに」

「核ミサイルよりタチ悪ぃつ〜の」

「ゆるい時代だったんだろうね〜」

「危機感足りなすぎだっつ〜の、実際今みたいに流れ星が地球目指して降ってきてみ?
願い事してる場合じゃねぇだろ?」

「いや、きっと願うよ」

「なにを?」

「地球にぶつからないでください、って」

「ははっ、そこまでのんきかよっ」

「仕方ないだろうよ、できることが少なかったんだから」

「それは違うな、できることがじゃなくて、やらなきゃいけねぇことが、だろ」

「まあね、平和だったんだろ」

「それにしたって、ちっとは孫の孫の世代のことも考えろっつ〜の」

「でもね〜100年200年先のこと考えろっていってもね〜」

「ま、無理か。一年先すら危ういもんな」

「うん」

「だから俺らも案外こうしてのんびりしてられんだろうな」

「だね〜、決まってしまえば3年なんてやっぱり長いよ」

「あと3年しか、がいつの間にかあと3年も、になったもんな〜」

「危機感足りねえ〜つ〜の」

「ははは、違いねぇ」

「でもさ、最後の瞬間って実際どんな感じなんだろ?」

「うーん、宇宙のチリになる瞬間か・・世界がひとつになんじゃね?」

「ひとつに?なんで?」

「だってよ、地球のどこにいたって、昼だって夜だって、地球最後の瞬間は同時なわけだろ」

「うん、そうだねぇ」

「あっ! 考えてみたら、これって結構素敵じゃね?」

「素敵?? なにそれ、気持ち悪いな〜、女子じゃあるまいし」

「いやいや、考えてみろよ、地球最後の瞬間をよ、大切な人と寄り添って待つわけだよ」

「うん、きっとパニックなんかにはならないよね、その頃には」

「だろ? じっと待ってるか、好きなもん食って待ってるか、もしかしたら普通にその
辺散歩してるかも知れねえし、寝転がって空みてるかも知れねえ」

「うんうん」

「でよ、いよいよって時になったら、世界が初めてひとつになんだよ」

「ひとつになるの?」

「ああ、ひとつになってよ、そんで世界が声をそろえて一斉に言うんだよ」

「なんて?」



「サヨウナラ、ってさ」








*この文章は伊坂幸太郎さんの小説『終末のフール』を読んで
そこから僕が妄想して考えた会話で、本編とは一切関係はありません。


***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_23335860.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-02-16 23:03 |
2007年 02月 13日

チルドレン




そういえば、CHiLDRENという映画でこんな台詞がありました。



『ところで、あんたらのやってる仕事で奇跡は起こせんのかい?』




なんだか、ぐっときました。






目指すならそこ、やるならそれ、です!!


***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_14495426.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-02-13 23:26 | 映画
2007年 02月 13日

チェス



信じてもいない神に頼る


そんなことが当たり前に起こる



「現実逃避」なんて

使い古された言葉じゃなくて


「現実認識不可」と呼ぶべき疾患



なにかが欠けている



そんな気がしてならない



地下鉄の車内で 会話をする二人のサラリーマン

台詞を読むように 仕事 上司 の 愚痴をこぼす


きっと隣の車両でも その隣の車両でも

あふれる愚痴愚痴


丸ノ内線の車両を端から端まで歩いて

ひとつでも個性的な車両をみつけることができるだろうか?


ひとつとして同じ人が乗っている車両はないのに

きっときっと 同じに見える



そんな空間を現実だと思ったら

どんな奴でもやる気は失せる



このよどんだ空間は 


現実ではないんですよ



それがどうしてわからないんですか






チェスの駒だって 時々 人に動かされるのを嫌う


あるべき場所にいるだけじゃ


あなたも駒に成り下がる





***********************************

KIRA
HPリニューアルしました!!
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_14495426.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-02-13 23:17 |
2007年 02月 05日

うんざりするなら、ねぇ

a0025567_23234774.jpg



みんなと同じ

みんなと同じ


みんなと同じ・・・・






いい加減、

うんざりしませんか?




**********************************



いまだに、ブランドものの鞄とか自慢げに持ち歩いてる
ねーちゃん見ると、イライラします。

なんだそりゃ、ってね


金かけて無個性になりたいっていう感情が
さっぱりわからん。

いや、そういう世界が。



高校卒業して、
制服もブレザーもない世界にたどり着いたんでしょ?

もっと探そうよ、自分らしさ。






最近時々左手がしびれます


何かを失いそうなのか

何かが生まれそうなのか



見知らぬ焦燥に

新しい自分を探し求める





***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_14495426.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-02-05 23:25 |
2007年 02月 03日

trust your feeeeeeling.

a0025567_21212825.jpg



他人の言うことばかり気にして

幸せにならなかった人間を


わたしは沢山知っています



************************************


そういえば先日、久々にポストカードを販売してもらってる
お店、sept、に行き、新作を追加してきました☆

最近ずーーっと更新に行けてなくて、
実は9ヶ月ぶりくらいに行きました(ー_ー;)

その間家賃(BOX間借り料)滞納しまくりの悪い奴です(恥)

でも、そんなだらしない僕を温かい目で見守って、
ずっと待ってくれていたseptさん、ありがとうございます!!
ここは素晴らしいお店です!!

皆様も、もし高円寺に足を運ぶことがございましたら
是非是非、septに寄ってみてください(^_^)/
いろんなもん売っててなかなかおもろいですよ♪♪

これからはしっかり定期的に新作納品しにいきます☆・・・たぶんw



『高円寺レンタルボックス sept』
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南2-20-14
03-3313-7765
営業時間
11:30〜20:30
http://www.sept.ne.jp



***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_14495426.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-02-03 21:21 |
2007年 02月 01日

never change

a0025567_07686.jpg



自分で変えようとしない限り


待ってても何も変わりはしない



*****************************


「いつか」がいつなのか、
一度真剣に考えてみるといい。

繰り返しの毎日の中で
そのリズムが切れる日が「いつか」だとして

そんな日が想像できますか?


「待つ」ということに
体力を使えるほど君は暇じゃない

時間も可能性も無限ではなくて
歳ばかり重ねて失う何か


「いつか」が仮にやってきたとして
その時のあなたに 何ができますか?



口を噤んで 「いつか」を忘れて


じっとしてても じたばたしても
君には「今」しかないんだから

変えるなら まず自分からでしょう?




そう 思わないかい?




***********************************

KIRA
http://www.quasi-world.jp/
a0025567_14495426.jpg
[PR]

by quasi-world | 2007-02-01 00:16 |